ロングセラー車種 スズキ・ワゴンRを大調査

スズキの車種ではワゴンRが爆発的に売れています。

乗り降りのしやすさ、室内の快適な広さ、走りの良さと、これまでの軽自動車からは想像も出来ない車種だと思います。
1993年に登場したワゴンRは2013年の現在においても変わらず売れ続けている車種です。

これまで軽自動車には関心の無かった若者まで巻き込み、見事に販売数を高めてきました。
類似車種も数多く登場するほどの人気でこれまでの購買層も含め老若男女から愛されていると言えます。
最近は若者の車離れも進み、中々車が売れない時代ですが、軽自動車だけは売れていて、その牽引力になっているのがワゴンRであると言えます。
当社の販売目標は月間3000台でしたが、発売と同時に1万台以上の販売数を誇り、その数は現在においても減少していません。ほぼ毎月のように1万台以上の車量が売れているのです。

これだけの人気車両は本当に数少ないと言えます。
それもすでに20年の月日が経って得いるのですから。ワゴンRが登場した年に生まれた子供は、すでに成人式を迎えています。
その間毎月1万台の販売数を誇ると言う事は、非常にすごいことです。

これだけ長期間売れ続けている車というのも大変少ないと言えます。
そのことも有り、スズキも、マイナーチェンジの度に装備を良くしてきています。
軽自動車の装備が良くなっているのはこのワゴンRが牽引していると言えそうです。

スズキにはワゴンR意外にも優れた車種は数多く存在しています。
乗用車ではスイフトやエスクードなどがその代表的な車両です。

また、軽自動車では本格的なクロスカントリーモデル、ジムニーなども以前高い人気を誇っています。
ラダーフレームを今でも使い続けるジムニーは、強度と耐久性を重視していて、悪路走破性の高さでトップクラスの性能を誇っています。
この車の愛好家は非常に多く、全国でこの車だけの競技会なども行われています。
また市販パーツも大変に多く、その魅了も多くのファンを呼んでいる車種だと言えるのです。

関連情報